地図

(0848)22-5639
昼 11:30?15:00
夕 17:00?21:00
月曜日定休(祝祭日の場合は翌日)
店構え
 
あたらしい@尾道blogの新着投稿一覧はこちら(トップページ)をブックマークし直してください。
デンボラの天婦羅

ブロブ移転のお知らせ

カテゴリー: - デンボラの天婦羅 @ 10時03分01秒

つたない『保広店長』のブログですが下記に移転いたしました。
引き続きよろしくお願いいたします。

            ↓
『保広店長』のブログ



デンボラの天婦羅

おめでとうございます

カテゴリー: - デンボラの天婦羅 @ 18時42分42秒

新年、あけましておめでとうございます。
お久しぶりの登場です。
年末年始、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしたでしょうか?
寒い日もありましたが意外と過ごしやすかった様に思います。
私事ではございますが一年で一度まとまったお休みがとれる唯一のご褒美。正月休みに関東方面に行きました。
恒例のディズニーランドは当たり前ですが凄い人、人、人でした。
次の日は幕張の巨大イオンモールへ。
これまたオープンしたばかりらしくもの凄い人だらけでした。
最終日はJRで念願の鎌倉へ。
尾道からだと日帰りって訳にもいかない所なのでゆっくり堪能したかったのですが半日しか無くしかもこれまた鎌倉も凄い人だらけ。
折角の鶴岡八幡宮もちゃんと参拝出来ず残念でした。
しかし鎌倉大仏様だけはシッカリ見させて頂きました。
帰りの新幹線から見えた富士山は今まで見た中で一番美しかったのが何よりでした。
一富士二鷹三茄子。本年も皆様ご活躍されます様。
今年一年もシッカリ頑張っ行きませう。
カメラロール-65
カメラロール-66
2014.0104Mt.Fuji



デンボラの天婦羅

宇治の紫陽花で知れた三室戸寺へ

カテゴリー: - デンボラの天婦羅 @ 22時44分08秒

今日は久しぶりに宇治の三室戸寺へお参りさせて頂きました。
丁度20年前の今頃、勤めていた祇園・川上さんの恒例のOB会で現役時代に連れて行ってもらって以来、何年かに一度はこの頃に訪れさせて頂いてます。
初めての訪れが余りにも印象的でしたのでこの時期になると楽しみにしてます。
先ずはずっと気になっていた黄檗の萬福寺の普茶料理(弁当)。
精進料理は普段は中々頂く機会も無く、今ここにある食材の順路を噛みしめての昼食でした。
そして、恒例の紫陽花寺「三室戸寺」へ。
やっぱりこの時期の京都はこちらに来ないとスッキリしません。(笑)
一万本の紫陽花が咲き乱れた時、そこはまるで天国。(行った事はありませんが)
image
良いものを見させて頂きました。ここまで咲くまでの手入れも大変だったでしょうね。
そしてハート型の紫陽花も何個か見つけましたよ。
image
皆様に幸多いと良いですね。
それから時間に余裕があったので久しぶりバカ歩きしてみました。
三室戸寺から丹波橋まで道に迷いながらの約10km。
川上の先代の住まいの墨染まであとひと駅の所で京阪電車になだれ込みました。
大河ドラマで注目の伏見辺りもユックリ歩いてみたかったのですがまたの機会に。
夜食は中々予約のとれない烏丸仏光寺の桜田さんへ。
image
こちらはいつ訪れても繁盛で奥の深い季節の料理を提供して頂けます。
料理に関しての細かい事はとっても奥が深いので修業が足りず難しいですが大まかな事は勉強になります。
いつ訪れても良いものを提供出来る。こんなお店を営めたらと目標にしてます。



デンボラの天婦羅

さざなみ海道R185

カテゴリー: - デンボラの天婦羅 @ 22時32分32秒

今日は尾道から始まって国道185号線『さざなみ海道』をのんびりと走ってきました。
先ずは尾道から三原へ。相変わらず道も狭く大型車も多いので緊張の走りでこの先の道のりの長さを引き締めてくれます。
そして今日のメイン『さざなみ海道R185』へ。
今日は平日だからかすれ違うライダーも少なく向かい風でしたが快適な潮風を感じながらのノンビリな走りでした。
このルートは以前に車でも走りましたがヤッパリ良い景色でした。須波から忠海辺りの景色は特に好きです。
話は違いますが専属の鯛の漁師さんは『竹原の方まで行ったらタイは身の締まりが尾道のとは違うよ』って言ってたのを思い出しました。確かに安芸津辺りは潮の流れも緩やかでした。そのせいかカキの養殖してたカキいかだも沢山あって面白いと思いました。こちらのカキは有名ですもんね。同じ瀬戸内でも所変わればです。
そして本日の目的でもあった呉・仁方の『宝剣酒造』さんへ。こちらでは小売りはしてないので広島では胡町の『大和屋酒舗』さんか宇品の『酒商山田』さんで購入できます。
予想通りの蔵見学もして無く雰囲気だけの味わいでした。(笑)
せっかくなので同じく評判の『雨後の月』相原さんへ。(尾道・おだ酒店0848-22-5305で充実中)
こちらも雰囲気だけの味わいでした。
聞くと昔は仁方にも酒蔵が呉が軍港だったので需要があって沢山あったらしいですが今ではこちらの二軒だけだそうです。湧き水は野呂山系のもので造ってるそうです。お水だけでも頂きたかったですが残念でした。
この仁方を越すと一変に都会になりました。広です。
そして順調に呉市内まで。およそ86kmでした。
予想外に順調でしたので余勢を借りて広島まで。
呉?広島は途中2度のトンネルがあり恐る恐る歩道へ。
するとピタッとまるで牽引でもしてるかの様な二人連れのライダーがトンネルの車道を風の様に抜去って行きました。
自分は一人なので『良いペースメーカーが出来たわ』と思って慌てて高速ギアで追いかけましたが…。
いくら漕いでも追いつけるどころか後ろ姿も気がつくとみつけれませんでした。(笑)
僕も頑張って時速30kmは出てたんですがスゴイですね。
まあ寿司屋の大将はこのくらいで良しですかね。勉強になりました。
途中、坂の町辺りからの海辺の景色はキレイでしたね。同じ瀬戸内でも尾道辺りのノンビリの瀬戸内とは違って優雅で良い眺めでした。
そして何とか広島へ。合計115km。腰痛持ちの僕がこれだけ元気に活動出来るのもホグレルで欠かさずお世話になってるおかげだと確信してます。
今日は暑かったですが自分の腕の焼け具合を見てビックリしました。ウェルダムですね。
楽しい一人旅でした。image



デンボラの天婦羅

念願の信楽焼のふるさとへ

カテゴリー: - デンボラの天婦羅 @ 23時28分21秒

今日は無謀にも京都から信楽へ何の当てもなく行ってきました。
輪行の旅に興味があったので初めての輪行でした。
京都駅八条口にて先ずは自転車を組み立てる作業に。
修学旅行生達のごった返す中での作業は小心者の自分には予想外に手間どりました。(笑)
先ずは錦市場へ買い物へ。コレで大義名分も整いました。
本日のメインエベント京都から信楽へ。
僕は京都に四年住んでましたが一度も訪れた事もなく「いつかは…」って温めてましたがやっと念願叶いました。
道中、iphoneナビを適当に操作しながらの走り。
結局、大体良しで滋賀県の立命大辺りから県道を通って信楽へ。
信楽って坂をかなり登った途中で思い出しましたが信楽の後に高原ってついてましたね。(笑)緩やかな登り坂ばかりでしたが、かなりキツかったです。途中数えるほどでしたがライダーにもすれ違いましたが下り坂を悠々と走ってる姿が羨ましかったです。
信楽到着。
お目当ての陶器屋さんも下調べして無かったのですが勘で割烹陶器のお店「うつわ」さんへ。
道中、タヌキの飾ったお店ばかりでしたがこちらは料理に最適な皿ばかりで本日の大当たり。(これで運を使い切った様です)
聞けば京阪神の知れた料理屋さんも取引きが多数あるとか。
「こんな皿にコレを あの皿には…」ってのが沢山あり過ぎて長居してしまいました。
この時点で5時過ぎ。初めての事なので時間も読めないし、予め予約したお店も無くお楽しみの豪遊も断念。
さすがに一石三鳥とまでは行きませんでした。
来た道を帰るのも面白く無いと思い陶器屋の主人に教わった南草津までの道へ。
尾道辺り、しまなみ海道のノンビリした道とは違い国道307号線、一号線は引っ切り無しに大型車等が通るし道は狭いので緊張しっぱなしでの走行でした。
そのせいでか(十八番の)帰り道を迷ってしまい20kmも余分に走ってしまいました。(笑)
今日は初めての輪行。大きな失敗は迷子になってしまったくらいですが、こうして元気に?帰路につけたのは感謝です。
今日の走行距離は約100km。恐らく2000g減ですね。

image



デンボラの天婦羅

自転車で尾道から鞆の浦へ

カテゴリー: - デンボラの天婦羅 @ 23時53分28秒

鞆の浦
今日は尾道に住んでいながら中々訪れた事の無い尾道?鞆の浦ルートへ行ってきました。
先ずは噂に聞いてた「道の駅アリスト沼隈」で海の幸、山の幸を見る。地元のアサリがあったが残念ながらお持ち帰り不能。悔しさを胸に平家餅(ヨモギ今日は尾道に住んでいながら中々訪れた事の無い尾道?鞆の浦ルートへ行ってきました。
先ずは噂に聞いてた「道の駅アリスト沼隈」で海の幸、山の幸を見る。地元のアサリがあったが残念ながらお持ち帰り不能。悔しさを胸に平家餅(ヨモギのあんころ餅)をほおばる。
次に訪れたのは阿伏兎観音様。子供達の夏合宿に先を越されハズかしながら一度も訪れた事の無い海にせり出した断崖絶壁の上に社が祀られた神秘的な所です。
なるほど傾斜した社には安産祈願に訪れる方も多い様でオッパイのぬいぐるみの様なものを共して祀ってあるのには驚きました。関係ないけど僕も皆様の安産祈願をお祈りさせて頂きました。
そして、鞆の浦へ到着。途中風も逆風でアップダウンも激しく中々の道でした。
これまた、訪れた事の無い坂本龍馬が紀州藩との海難事故で話し合いをもった場所。朝鮮通信使でも知れた寺「對潮楼(たいちょうろう)」へ。とっても素晴らしい眺め。向こうに仙酔島。時間を忘れさせてくれます。
そして最終折り返し地点は東福山のスポデポ。
買った自転車がひと月になるので調整して頂きました。
そこから国道二号をひたすら尾道へ。約1時間30分かかりました。
今日もお疲れの約65kmでした。



デンボラの天婦羅

しまなみ海道

カテゴリー: - デンボラの天婦羅 @ 23時24分55秒

週末になるとお店の前を頻繁に行き来するサイクリスト達。そして口を揃えて『しまなみ海道はサイクリングの聖地だよ』。って事から僕も『是非、参加したい』。
温めていたものを今日初めて実行できました。
今日は尾道から大三島の大山祇神社まで片道約50kmを往復。天気も良く最高の自転車日和でした。
慣れない初心者ですが行きは意外とスムーズに目的地の大山祇神社に到着。折角なので久しぶりに参拝させて頂きました。やはりこちらの神社は歴史のある所なので参拝される方も多かったです。
当初の予定で多々羅温泉でひと風呂浴びて帰ろうかと…。
16:30分までに帰る予定でしたが気がつけば13:30分。そんな余裕も無く必死で帰路へ。
頑張ること尾道到着がジャスト16:30分。
途中で膝は痛くなるし昼食も食べる余裕も無く何とか帰れました。
初心者にしては少し足を伸ばしすぎた様です。
お疲れでしたがとっても満喫した楽しい一日でした。
次は因島から岩城島へ渡ってみる予定です。
多々羅大橋2



デンボラの天婦羅

獲れたてのデンボラ

カテゴリー: - デンボラの天婦羅 @ 01時10分25秒

今頃のシャコは味わいが深くて美味しいです。獲れたてのシャコ今日はシャコ狙いで漁に出られた漁師さんの生け簀です。シャコ(尾道ではデンボラと呼ぶ方も多いです)漁はたくさんの船(底引き漁)で行った方が獲れるそうです。漁師さん曰く『ようけの船でにごらさんとデンボラは獲れんけえのう』。身どまりは子持ちの頃に比べるともひとつですが味は今頃が絶品の尾道のデンボラです。




36 queries. 0.130 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 尾道blog を参照しています。)

編集スタッフ: 0
一般ユーザ: 18

もっと...

Manage
apartment-P

尾道apartment-Px
Google
登録無料  

presents by apartment-P 1993-2014 尾道apartment-Px