トップ   尾道ぽっぽ新聞   尾道のこよみ   尾道Blog。   尾道リンク   尾道wiki辞典   地図   携帯  
おすすめ写真

メインメニュー

尾道blogへようこそ
ご覧のページは住人の個人的な日記ページです。 尾道blog。はこちらへどうぞ!   [尾道blog。を読む]
 

カテゴリ



最新エントリ

::ふたご座流星群

2004/12/10 カテゴリ: 自然科学 :  執筆者: miyabi (2:09 pm)
スラド:国立天文台の「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンによると
国立天文台が一定時間に全国で何個の流星がみえたかを
携帯電話などで集計するイベントを行うみたいです。

流星群は夜空の「放射点」から、東西南北の全方向に
放射状に流れます。ふたご座流星群の放射点はもちろんふたご座。

ほしぞら情報

ただし、経験からいって流星は、放射点よりも
むしろもっと周囲のほうで、より輝くように思います。
魔法瓶(死後?)にあったかいお茶を用意してながめるとしようかな。
8時から10時ころがピークらしいから、今回は冷え込む深夜
早朝はゆっくり休めるし、結構ポピュラーな流星群じゃないかなぁ。

できれば13日から14日の夜は尾道のみなさん明かりを消灯
(またはカーテンで明かり漏れ防止)してもらえると嬉しいな(ムリか)

::地球の回りの時空のゆがみ

2004/10/25 カテゴリ: 自然科学 :  執筆者: miyabi (8:06 pm)
朝日新聞:時空のゆがみ観測の記事がでていた。

相対性理論の一部の証明になるらしい。
ハチミツのプールの中で地球儀を回すと、地球儀の
まわりのはちみつも一緒にまわるのと似た現象が
地球のまわりで起きている事がわかった。

はちみつとは実際には時空の事のようだが、例えとしては
いかがなもの??。地球儀の表面のデコボコにひっかかった
はちみつがくっついてくるだけでしょ。

とにかく地球の回りでは、一年間に2メートルほど
時空がひきずらるというユガミが起きているという結論です。
相対性理論では時間は普遍的なものじゃない。でもそれは
ある程度の質量や、光りの速度まで近付かないと影響はない訳で
今回は地球ほどの大きさでも年にわずかなユガミしか
観測できないだよなぁ。

ほんとは計測できないだけで、飛行機に乗った人と
地上にいる人の間でも時空のゆがみが起きてるんじゃないの?

スキップする人と、歩いている人の間でも時間の
流れは違うでしょ。スキップすると歳を取らない事が証明!
なんてニュースになったら楽しいなぁ。
そしたら、町中みんなスキップしてるよ。

::捕鯨船のあった尾道の風景

2004/07/24 カテゴリ: 自然科学 :  執筆者: miyabi (9:41 am)


今、夜には原色バリバリにライティングされている、向島の造船所。

土堂小学校で授業中に、あの川のように狭い尾道水道の上空に
無数の風船が飛んでいき、大きな船が浸水していた。
ブラスバンドの音もこだまして聞こえていた。その船の
先端がサンダーバード2号のように、開閉口をもっていたので
「あの中には黄色いサンダーバード4号がはいってるんじゃないか」
とかいっていました。

先生が教鞭の手をとめて「あれは捕鯨船なんよ」といったような
記憶がある。尾道ぽっぽ新聞:鯨羊羹再びにもあるように、町にはお菓子にも
鯨を模倣した商品があったんですよね。といっても鯨の姿を模倣して
いるんじゃなくて、鯨の切り身を模倣してるあたりが印象的かなぁ。

世間では国際捕鯨委員会(IWC)が再び注目されてますね。

引用:
捕獲調査一般の自粛を求める決議案は、投票の結果、賛成24、反対21、棄権1で可決された(法的拘束力はなし)。


日本人の大半は「牛はいいのに、なんでクジラはダメなんだ」
「クジラは増えていて、海洋資源を減らしている」
だからクジラの数を監視しながらの捕鯨は再開していい。
という意見をもっているらしいです。ホエールライブラリ

一方反対してる国には「高度な思考能力のある貴重な哺乳類を食べるのは許せない」「私たちと同じ哺乳類を食べるべきでない」「再び乱獲でクジラが全滅の危機に瀕する」「あのやさしい瞳の動物を助けたい」といった意見が報じられている。

個人的には大好きなスタートレックシリーズでも、劇場版4「故郷への遠い道のり」をみた時「え?!」と戸惑ったっけ。そして最近の捕鯨問題。

感情で反対する国々に対して、、、みたいに聞こえてしまうかもしれないけど
尾道には鯨がなんだか自然としみこんでいたのかもしれないです。

::尾道からH2ロケット失敗を思う

2003/11/30 カテゴリ: 自然科学 :  執筆者: miyabi (3:25 pm)


スラド:H2ロケットまた失敗が話題になってる。

極めて片寄った感想だとは思うけど個人的には
今回の出来事は「悲しい」を通り越して
「日本」そのものの将来性を暗示しているようで
少々ブルーになります。ブクブク沈むぅ。

景気にはそれほど興味ないけど、僕にとっては景気に悪影響です。
国内のIT製品を買いたくなくなります。
現に最近はApple、コンパック、IBM、DELLと
やたら元気なのは国外製品ばかり。(Appleの製品は好きだけど)

気に入って使っている[CLIE]
一応日本メーカーだけど、ジョグダイアルがすぐ壊れる
とか(話が急に小さくなりすぎ? )
電気屋さんで定価で買った電球が即効できれるのに
100円ショップのメイドインアジアな電球は切れないとかね。

おそらく現場のスタッフじゃどうしようもないレイヤーの
問題があるんだろうとは思うから、全体をざっくりと見直して
是非宇宙に飛翔してほしいと思う今日このごろ。

::月はいつから月なのか

2003/11/18 カテゴリ: 自然科学 :  執筆者: miyabi (3:24 pm)


月の名前は、太陽に次ぐ明るさのモノという事で「つぎ」から
きてるというちょっとショックなメールをいただきました。
もちろんメールは大変感謝でした!

そんな安直なのか?!覚えやすければ浸透するのも早いけど
満ち欠けをみて「尽きてなくなる」説もあるんだそうです。

どれも信じがたいというか、ロマンもヘチマもない
無骨なネーミング説もんあるんだなぁ。



星の名前の由来によれば「憑く」(とりつく)からも由来しているらしい。
「ルナ」はラテン語で「狂気」をあらわすというし。

うーん。だいぶイメージ違う感じがします。月について。

昔はもしかしたら、月には恐怖を連想させるイメージが
強かったのかもしれない。
ムジュラの仮面がリリースされた時、なぜ美しい月を恐怖の象徴に
してしまうんだ?って疑問に思ったけども
案外それは常識外れてる訳でもない設定だったのかねぇ。

それだけ昔から人間は月に思いをはせながら生きて
きたという事なんだろうけど、もうちょとロマンチックで
美しい「月の話」というのはないもんでしょうかねぇ

地方地方で名称が異なる魚とかいるじゃないですか。
月が見えない地域って日本にはなかっただろうし
多様な名称はなかったんですかねぇ。

なかったとすると、地域毎の文化が発祥する以前から
「あの月」は「月」と呼ばれていたという事になるんだろうか・・・

(1) 2 »

オンライン状況
29 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 尾道Blog1 を参照しています。)

編集スタッフ: 0
一般ユーザ: 29

もっと...

Manage
apartment-P

AdSense


presents by apartment-P 1993-2014 尾道apartment-Px