Counter: 14670, today: 1, yesterday: 1
尾道Macユーザークラブ
他人と同じ事を嫌うオシャレなガンボが多い故にMacユーザも多い

ユーザ名簿
名前 機種(OS) 用途
soho ibookG3(OS9.2)/PowerBookG3(OS9.1) 仕事
miyabi iMac(OS9.2)/PowerMacG3(OS8.6/Linux) 仕事
zeuse PowerMacG3(OS8.6/Linux) Palmの母艦
hade iMac(OS8.6) ネット・ゲーム
nii PowerMacG4(OS9.2) 仕事
potaju iBookG4(OS10.2) 仕事・遊び
penne iBookG3(OS9.1) 仕事・趣味
minato iBookG3(OS10.2) 仕事・趣味
u_u iBookG3(OS8.6) 趣味

活用ドキュメント
わしがみつけた通なツボ

Nubus PPCをVinuxで使う
こどもクリニックさんのサイトが非常に参考になります。

VineLinuxサポート外のPerform6200/5200でVine Linux 2.1.5インストールされたドキュメント。

■動作事例
performa6240/100, 64M, 1.2G、MacOS(漢字Talk) 7.5.3
BootX_1.2b1-ludo,(1.2.2以後は使用不可)
"http://nubus-pmac.sourceforge.net/"からとったsemi-stablevmlinux-20010619
Vine Linux/ppc 2.1.5 FTP版
パーティション root 920M, swap 128M, 残りはMac OS起動用

■手順
↓MacOSのドライブ設定でHDD初期化とパーティション作成
 このときLinuxをインストールする領域(最低でも900MB)(*1)とswapはHFSに。(*2)

↓BootXの機能拡張とコントロールパネル、カーネル、インストーラーのramdisk.image.gzをインストールして再起動
↓use specified ramdiskとNo video driverをチェックし、argumentsは空欄のままBootXからLinuxを起動します。インストーラー起動。
 インストーラーのパーティションの設定で /, swap を「Apple_UNIX_SVR2」に変更
↓変更を保存しますが、再起動せずにそのままインストールを続行(*3)

↓インストール終了後リブート。BootXの再設定をしてlinuxを起動するとこまごまとエラーが出ますが最後にはいつもの画面が出ます

注意点
*1/ (root)が700M程度だとkernel panicでインストーラーが起動不能?
*2インストールするときに「Apple_UNIX_SVR2」があるとBootXの設定に関わらずramdiskからではなく空の「Apple_UNIX_SVR2」から起動しようとして

 Warning: unable to open an initial console.  Kernel panic: No init found. Try passing init=option to kernel.
と表示してリブートしてしまう?
*3保存後再起動すると上に書いたようなエラーを出してインストーラーが起動不能?さらにpdiskでHFSに戻してやるとインストーラーが立ち上がるようになりました。

More kernel arguments:に
roor=/dev/ram
をつける。
(これで最初から「Apple_UNIX_SVR2」があってもだいじょぶです)

インストール完了!

More kernel arguments:を(例ではPerforma6200/75なので)
video=valkyriefb:vmode:13,cmode:8,vram:1024

startxで出る多数のエラーはapt-get○○○で対応?
日本語化apt-get install task-kdeは問題あり。

イーサカード:×CS-T ○LC/T


トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://apap.co4.jp/modules/pukiwiki/tb/65

オンライン状況
43 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 尾道wiki を参照しています。)

編集スタッフ: 0
一般ユーザ: 43

もっと...

Manage
apartment-P

AdSense

尾道apartment-Px
Google
登録無料  

presents by apartment-P 1993-2014 尾道apartment-Px